アクセス解析とは

ホームページを運営するならば、アクセス解析をすることは非常に大切です。

アクセス解析とは、自分のホームページを訪れた人が、何人の人が、どこから、どうやってサイトにやって来たか、サイト内でどんな行動をしたかなどを詳しく見ることを言います。

ページプレビュー数の他にも、ユニークユーザー数、リンク元ホームページや、平均滞在時間、離脱率、どのページから離脱をしているのかなど、ホームページへ来るユーザーの行動を詳しく分析することができるのです。どのようなキーワードを検索して、ホームページにやって来たのかなども見ることができます。ページへのアクセス数を見るだけならば、アクセスカウンターを設置するだけで済みますが、アクセス数だけではなく、細かい情報まで収集することでホームページを改良していくことができるのです。

アクセス解析は、アクセス解析サービスを導入することで使えるようになります。

ホームページは作ったらそれで完成というものではありません。意図していたことがうまく機能しないようなことも多々あります。それを改善していくためにはアクセス解析は必須のものです。例えば、ユーザーがどんなキーワードを検索してホームページまでやって来たのかを見ていくことで、有効に機能しているキーワードと、そうではないキーワードを知ることができます。有効に機能しているキーワードは、より有効に活用し、機能していないキーワードを強化すれば、検索エンジンからの誘導を高めることができます。

また、離脱率の高いページはコンテンツをみなおすことなどもできます。

ページごとのプレビュー数を見ていけば、ホームページの問題が見つかることもあります。例えば、インターネット上で商品を売買するECサイトを運営しているとして、商品の購入ページのプレビュー数を確認したとします。購入ページのプレビュー数に対して、実際の購入数が明らかに少ないような場合には、購入ページがユーザーによって使いづらかったり、面倒な構造になってしまっている可能性があります。これは、せっかく購入意欲をもって購入手続きに入ろうとしたユーザーを逃がしている証拠ですので、購入ページの作りを見直すことで売り上げがアップする可能性もあるわけです。

アクセス解析には無料で使えるものもありますので、ホームページの運営をしているならば導入してみるといいでしょう。

アクセス解析が、ユーザーの使用しているOSやブラウザを特定するなどの機能を持っているため、アクセス解析を導入することで顧客データなどが流出するのではと心配される方もいますが、アクセス解析システムが個人情報を引き出すようなことはありませんので、安心して使うことができます。

  • 「ホームページ制作会社ナビ!」はあなたに合う制作会社をご紹介します。
  • サイトマップ