CMSとは

ホームページを制作会社にホームページ作成を依頼するならば知っておきたいワードの一つに「CMS」があります。これは、「コンテンツ管理システム」を意味するもので、このCMSを導入することにより、HTMLなどを全く理解できない一般的なユーザーであっても、専門知識を必要とせずにページの作成や更新をすることができるようになるのです。

このCMSを導入するかしないかによって、ホームページの管理方法は大きく変わります。HTMLやJava Scriptを完全に理解しているという人であれば、CMSは必要ないかもしれませんし、そもそもホームページ作成をプロに依頼する必要もないでしょうが、ホームページ制作会社にホームページ作成を依頼するからには、そうした専門知識には明るくないという人が多いことと思います。ホームページは、専門知識のない人からみたら記号の羅列のようなものでできています。その状態では、ホームページの内容を更新したいと思っても、専門知識のない一般の人が手を加えることは難しいと思ってもらったほうがいいでしょう。

ホームページというのは、一度作ってもらったらそれで終わりというものではありません。内容を更新することもあれば、削除する必要がでてくることもあるでしょう。しかし、ちょっとした更新や変更のたびにホームページ制作会社に依頼しなくては更新もできないというのでは、ちょっと不便だとは思わないでしょうか。

そんな時に便利なのがCMSなのです。どんなものかがイメージしずらいという人は、ブログをイメージしていただければと思います。厳密にはブログとCMSは別のものなのですが、イメージとしては近いものがあります。ブログは、HTMLを書く場合と異なり、画面上に書いたものや、指定した文字もカラーなどが見えている状態で編集をすることができます。そして、そのままの状態でアップロードができますので、文字の大きさや色などをHTMLのようにいちいち指定する必要がありません。ブログはそのようにして書いたものを日記の形式で時系列にそって管理するものですが、使い方としてはほぼ同じものでサイトを時系列で管理するのではなく、サイト上のどこのページでも編集、管理することができるツールがCMSと思ってください。

CMSには無料のものもあれば、有償で提供されているものもあり、値段もピンキリです。CMSの導入はページ単位となるため、CMSで管理したいページ数などによっても値段は変わってきます。CMSの種類は多数あり、値段だけでなく編集の自由度などがCMSごとに異なります。

作ったきり更新の必要がないサイトというのはほぼ無いと思いますので、ホームページ会社にホームページの作成を依頼する際には、CMSの導入についても相談してみるといいでしょう。CMSの導入には費用がかかることで迷うという人もいることと思いますが、更新の必要が生じるごとに、ホームページ制作会社に依頼をする依頼料と比較すれば、頻繁に更新をする必要があるページ部分にだけでもCMSを導入したほうが結果としてコストパフォーマンスがいいということもあります。

CMSの種類、導入の方法なども含めて、一度相談をしてみるといいでしょう。

  • 「ホームページ制作会社ナビ!」はあなたに合う制作会社をご紹介します。
  • サイトマップ