ドメインとは

ホームページを制作しようと思えば、「ドメイン」という単語は必ず耳にすることになるでしょう。

ドメインというのが何のことかというと、簡単に言えば、ホームページのインターネット上の住所のようなものだと思ってください。アルファベットや数字、一部の記号を組み合わせて構成することができるのですが、住所というだけに重複しないように発行、管理されています。そのため、このドメインを使いたいという希望のドメインがあったとしても既に使われているドメインであれば、同じドメインを取得することはできないことになります。

インターネット上でコンピューターは数字で構成されるIPアドレスを使ってお互いを認識して通信しているのですが、数字の羅列では人間が扱うには扱いにくいため、分かりやすい名前に置き換えるためにドメインが使われているのですが、最近ではより使いやすさをアップさせるために、各国の言語や文字でもドメインを登録できるという国際化ドメインの利用もはじまっています。

では、ドメインとはホームページアドレスのどの部分を指すものでしょうか。ホームページのアドレスの中にはドメイン以外にも情報が含まれています。例えば、「http://www.×××.jp/○○○/」というアドレスがあったとすると、○の部分はフォルダ名を表示しており、「×××.jp」の部分がドメインということになります。

また、ドメインは大きく分ると2種類のドメインがあります。「ccTLD」というものと「gTLD」というものです。

「ccTLD」は「Country Code Top Level Domain」の頭文字を取ったものです。簡単に言えば、国や地域単位で割り当てられるドメインのことで、日本はjp、アメリカはus、オーストラリアはau、フランスはfr、イギリスはgbなどのようなものがあります。日本のホームページアドレスの末尾がjpになっていることが多いのはこのためなのです。

「gTLD」とは「Generic Top Level Domain」の頭文字を取ったものです。セカンドレベルドメインと呼ばれる、ドメインの区切りの中で右から二番目の部分を使用者が選んで登録をすることができます。COM・NET・ORG・INFO・BIZ・NAMEなどのドメインがこれに該当します。

ccTLDは、その国や地域に存在していることがそのドメインを取得するための条件になる場合もありますが、gTLDについては基本的に誰でも取得できるという違いがあります。

希望のドメインを取得できるかどうかは、早いもの勝ちですので、ホームページ制作を決めたら、まずはドメインを押さえることからはじめるという人も多いかと思います。完全に同じドメインというのは世界中に一つしか存在しませんので、希望のドメインがあるという人は、そのドメインが使用可能かどうかをまずは調べてみるといいでしょう。

  • 「ホームページ制作会社ナビ!」はあなたに合う制作会社をご紹介します。
  • サイトマップ