ホームページ開設の準備

ホームページ開設の準備として大切なことは、まず十分に準備をすることです。ホームページ制作を依頼をしてホームページを作るなら、なおさらしっかりと準備が必要です。

ホームページを実際に制作するのは、依頼した制作会社ということになりますが、その内容を決めるのは、制作会社では依頼主なのです。自分の納得のいくホームページに仕上げてもらうためにも、ホームページ制作会社に依頼をする前に、ホームページの骨組みを考えておかなくてはなりません。ホームページ制作を依頼する人の中には、依頼をすれば全てホームページ制作会社が制作してくれると考えている人もいるようですが、そうではないのです。いいホームページを作ってもらえるかどうかは、ホームページ制作を依頼する前の準備にかかっているといっても過言ではありません。

確かに、ホームページに載せたい内容は、例えば会社案内や店舗チラシなどがあれば、そこに載っているものと同じ内容ということもあると思います。だからといって、ホームページ制作会社にその会社案内や店舗チラシを渡しても、いいホームページはできないでしょう。

ホームページにとって大切なことは、そのホームページのコンセプトを明確にしておくことなのです。どんな目的をどんな人に伝えるために作りたいホームページなのか、一番伝えたいことは何か、ホームページによってどんな成果を出したいのか、これを明確にしておかなくてはいいホームページを作ることはできません。この部分が曖昧な状態では、制作側でも誰に向けて何を発信していいのか分からない状態で作業を進めることになります。ホームページ制作会社の中には、ビジネスコンサルティングを兼ねているホームページ制作会社もありますが、それは特殊な例です。プロだからなんとかしてくれると思う人もいると思いますが、ホームページ制作会社はホームページを作ることのプロであって、そのホームページの方向付けは依頼主がしなくてはならないということは、忘れてはいけません。

ホームページの方向性を決めるだけでなく、具体的にホームページに載せる原稿制作なども、多くの場合には依頼する側が用意することになります。この部分は会社案内や店舗チラシの内容をそのまま載せて欲しいと依頼する場合もあれば、完全に自分で原稿を書く場合もありますし、箇条書き程度の原稿をホームページ制作会社に仕上げてもらう場合もあります。しかし、いずれにしても素材になるものは用意しなくてはなりません。

また、ホームページのコンセプトは、内容のことだけではなく、例えばイメージカラーであったり、イラストであったりという視覚的なコンセプトも重要です。ホームページとして見栄えがするように構成したり、デザイン的な部分はホームページ制作会社の仕事内容になりますが、どんなイメージのデザインにして欲しいかという素材は準備しておかなくてはなりません。具体的にイラストや写真がある場合にはそれを使いますし、場合のよってはイメージやカラーだけを伝えて、それに合うものを探してもらうこともできます。

大切なのは、十分に準備段階でホームページのコンセプトをまとめておかないと、またそのまとめたコンセプトを伝えるために必要なものを準備しておかないと、自分のイメージと制作会社のイメージに差ができてしまい、結果として満足のできるいいホームページを作ることができないということです。

十分な準備をして、十分な素材と資料を提供すれば、あとはプロの仕事ですので、ホームページ制作会社で素敵なホームページ作りをしてもらえるでしょう。そうしてはじめて、あなたの理想のホームページが開設できるのです。

  • 「ホームページ制作会社ナビ!」はあなたに合う制作会社をご紹介します。
  • サイトマップ