ランディングページとは

ホームページを作成しようと思う時、「ランディングページ」という言葉を耳にすることがあると思います。ランディングページは、ホームページを作成する上では非常に重要なもので、必ず対策が必要になるものなのです。

では、ランディングページが何かについて説明をしていきたいと思います。

ランディングページとは、バナー広告や検索エンジンの検索結果をクリックした時に最初に表示されるページのことを言います。このランディングページがなぜ、ホームページにとってそれほど大事かといえば、ランディングページの質が離脱率とコンバージョン率の変化に大きく影響するからなのです。

ホームページを訪れる人は、様々な方法でホームページにたどり着いています。中にはアドレスバーに直接アドレスを打ち込んでくる人もいるでしょうが、それは少数で、多くの人は、色々なワードで検索をしたり、バナー広告などをクリックしてホームページを訪れているはずです。検索結果をクリックしてくれる、またはバナー広告をクリックしてくれるということは、そのユーザーはそこの表示されている内容に興味をもってくれたことになります。しかし、せっかく関心をもったユーザーがクリックをしてくれたにも関わらず、
ランディングページが適切でなければ、せっかく優良ユーザーになってくる可能性のあったユーザーをみすみす逃すこになってしまうのです。

例えば、レディースファッションの通販サイトだったとします。バナー広告に、ブーツの写真と紹介があったとしましょう。しかし、そのリンクをクリックした先にあるのがブーツのページではなく、レディースファッションサイトのトップページであれば、ユーザーはそこからまたブーツを検索する手間をかけなくてはならないことになります。検索エンジンの場合でも同じです。せっかくクリックしてもらった先にユーザーのニーズに答える適切なランディングページが用意されていなければ、ユーザーはサイトが離れてしまう可能性が高くなります。これがサイトからの離脱率をアップさせる原因になります。

一方、クリックした先に、すぐに目当ての情報が表示されるような最適なランディングページが用意されていれば、そこから商品の購入に繋がったり、資料請求をしてもらえるといったwebで得られる成果を確実にアップさせることができるのです。これがコンバージョン率のアップです。

ホームページはただ作るだけではなく、それによって成果を挙げていかなくては意味がありません。そのため、コンバージョン率を上げるためのランディングページが大切なのです。ランディングページの内容は最適なものか、またデザインや構成などがユーザーに分かりやすく使いやすい作りになっているかに配慮してページを作ることが大切です。ユーザーの目的に則すようなランディングページになっているか、ランディングページをチェックし、ユーザーの目的に沿うように改良したり検討うすことは、ランディングページの最適化ともよばれます。

  • 「ホームページ制作会社ナビ!」はあなたに合う制作会社をご紹介します。
  • サイトマップ