リスティング広告とは

検索エンジンで検索をした際や、ホームページやブログなどのサイトを開いた時に、ホームページのサイフォや上下に、広告が表示されているのを見たことがないでしょうか。その広告が「リスティング広告」です。

リスティング広告には、大きく分けて2種類のタイプがあります。

一つ目が検索エンジンで検索されたワードに連動して、検索されたワードに合った広告が表示される「検索連動型広告」です。もう一つは、ホームページのなかの文章などに合った広告が表示される「コンテンツ連動型広告」です。

現在インターネットを利用している人の多くが検索エンジンを使って情報を得ていることから、検索されたワードに連動して広告が表示されることは非常にホームページの成果をあげやすく、またホームページの内容に連動して広告が表示される場合でも、そのコンテンツに興味のある人が集まるところに広告を表示できることから、リスティング広告はより効果的に広告効果を挙げられるというメリットがあります。

また、例えば新聞広告などを出す場合には、広告を出した時点で広告費が発生しますし、ターゲットとしている人が見てくれるという保証もありません。しかし、リステイング広告であればターゲットに狙いを絞って広告を表示できるメリットがあります。また、リスティング広告は多くの場合、クリックされることで始めて広告費が発生します。表示されただけでは費用は発生せず、自分のホームページまでユーザーを誘導できた成果に応じて支払いをすればいいためコストパフォーマンスがいいのも大きなメリットです。

広告を表示させる地域を指定できたり、一月のクリック数の上限を設定することもできるため、予算に合わせた運用ができることも大きなメリットです。

リスティング広告を出す場合に必要になるのは、どんなキーワードに連動して広告を表示するのかというキーワードの設定と、誘導先のホームページの設定です。誘導したホームページに関連性の高いキーワードを設定するのがいいでしょう。あまり関連性のないキーワードを設定した場合には、たえとえユーザーをサイトまで誘導できても、サービスの利用や購入といった成果には繋がりにくいためです。

同じキーワードを設定しているホームページが多数ある場合には、キーワードに対して入札を行い、高額で落札したホームページの広告がより上位に表示されたり、コンテンツの充実しているサイトが上位に表示されたりすることになります。

リスティング広告は、他にも、Pay Per Click,Pay for Performance,Click Per Cost,などとよばれることもありますが、内容としてはリスティング広告と同じものです。

  • 「ホームページ制作会社ナビ!」はあなたに合う制作会社をご紹介します。
  • サイトマップ